不用なものを処分しよう

不用品を処分する方法は、いくつかあります。

ひとつはオークション。
色々な種類の中古品を出品することが可能で、大手検索サイトによるオークションなどは特に利用者も多いので入札されやすいのがメリットといえます。
ただし、個人同士のやりとりなので、トラブルが起きることもありますし、出品する際に写真を撮ったり、説明を入力する、梱包して発送といった手間があります。
また、重量物になると梱包も発送も大がかりになってしまうといったこともあります。

もうひとつは地域の粗大ごみ回収。
住んでいる地域の粗大ごみ受付センターに電話依頼し、指定された日、場所に運んでおきます。主に普段生活ゴミを出している場所です。回収は頻繁に行っているわけではないので、自分の希望日にはならないかもしれません。
また、予約後あらかじめコンビニなどで粗大ごみ処理券を購入しておく必要があります。
自分で運ばないといけないので、重量物などは困難といえます。

最後は、リサイクルショップに売る。

リサイクルショップの不用品買取には、おもに3種類の方法があります。
店頭買取、宅配買取、出張買取の3つです。

店頭買取は、店舗に中古品を持ちこみ、査定。その場で現金買取。
お急ぎのとき、売りたいものが少量のときにおすすめです。
逆に、点数が多いときや、車を持っていないという場合には不向きかもしれません。
宅配買取は、申込(電話・インターネット)をしてから売りたい中古品をダンボールなどに梱包し、発送します。査定したあと入金という流れです。
お店に行かなくても中古品を売ることができるというメリットがありますが、梱包の手間や商品が繊細なものの場合、破損のおそれもあります。

出張買取は、申込(電話・インターネット)をし、希望日時にリサイクルショップの買取担当者が家に来ます。その場で査定し、現金買取するという流れになっています。見積り・査定が無料のところも多いですし、家に居ながらにして不用品を売ることができ、重量物や点数が多い場合でも、運び出しや取り外し(家電など)をすべて担当者側でやってくれるので手間もかかりません。

というわけで、引越しで一番活用してほしいのはズバリ「出張買取」!
次は引越し時に積極的に利用したい出張買取について詳しく書いていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です