引越しの準備をする

引越しの2週間前くらいになったら、徐々に荷造りを始めましょう。
引越し会社のおまかせパックなどにした場合は除きます。

まずは、引越し会社にもらったダンボールまたは自分で用意したダンボールに今すぐに必要のないものから詰めていきます。
引越しまでに必要になって、再びダンボールを開けることのないよう考えながら梱包します。
会社によっては、再利用可能なエコボックスを貸してくれるところもあります。
梱包は、オフシーズンの着ていない衣類などからやっていくとスムーズに梱包できます。

梱包のコツは、重いものは小さなダンボールへ、軽いものは大きなダンボールへ。
衣類のダンボールは、大きめのものを使うと後々、開梱したときもシワが少なくて済みます。衣類は軽いので少々大きめのダンボールを使っても重くなりすぎるなどの問題がありません。
本は、なるべく小さなダンボールへ。大きなダンボールいっぱいに本を詰めてしまうと、重くなりすぎて運ぶのに苦労します。

梱包が終わったダンボールには側面に何が入っているかをマジックで大きく書いておきましょう。新居に運ぶ場合も何が入っているかが分かると、部屋ごとに振り分けるのも楽です。上面だけですと、積み上げたときにわからなくなってしまいますので要注意。

不用なものは処分するのも良いかもしれません。
要らないものを新居に持って行っても、荷物が増えてスペースを圧迫するだけ。不用かそうでないか、仕分けし考えながら作業し、引越しという絶好の機会に思い切って処分をしましょう。

まずは、
明らかにゴミ・リサイクルショップに持っていくもの・自分で運ぶもの・引越し会社に運んでもらうものの4つに仕分けましょう。
仕分けが終われば、いよいよ不用品の処分にかかります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です