引越し前に必ずしておく手続き

不用品の買取、回収をやりつつ、引越しするときには必ずしておかなければならない色んな手続きがあります。
中には時間がかかるものもありますので、引越しが決まり次第、早めに連絡しておきましょう。

引越し1ヶ月前
・固定電話
 局番なしの116番に連絡、またはHPで手続きをします。
工事が予約制で1ヶ月ほどかかることがあるので早めに連絡がおすすめです。

・プロバイダ(フレッツ光・フレッツ・ADSLなど)
申込をしてから1週間~1ヶ月ほどかかる場合もあるので、早めに使用しているプロバイダーに連絡しましょう。

引越し1~2週間前
・転居届
 引越し日よりさかのぼって14日前から手続きが可能です。
引越しが近づくにつれてさらに忙しくなるので、早めに手続きを済ませましょう。市役所、役場の市民課の窓口で転出届を出し、転出証明書をもらいます。
同じ市区町村に転居する場合は、必要ありません。引越し後に転居届を提出します。本人の確認書類、印鑑が必要です。

・印鑑登録の廃止
 市役所で印鑑登録の廃止届を提出します。
登録している印鑑、印鑑登録証、印鑑カード、委任状(代理人の場合)
ちなみに印鑑カードは、役所でも回収していますが、自分でハサミを入れてもかまいません。

・電気・ガス・水道会社への届出
 家に料金明細書が毎月届いていると思いますので、電話をし引越しする旨伝えます。ガスは閉栓する際に係員に来てもらわなければなりませんので、希望日を予約します。水道・電気は立会いの必要はありません。

・国民健康保険の資格喪失届
 転出届の手続きと一緒に旧保険証を返納します。
手続きには、保険証、印鑑、出国する場合は航空券、委任状(代理人の場合)などが必要です。

・郵便の転送届
旧住所あての郵便物を1年間新住所に無料で転送してくれます。
最寄りの郵便局に、本人確認書類(運転免許証、健康保険証など)と、旧住所が確認できる書類(運転免許証、パスポート、住民基本台帳カード又は住民票等、官公庁が発行した住所の記載があるもの)を持って転居届を提出します。
インターネットでも申込ができます。

役所は混み合う場合もあります。時間に余裕をもって手続きをしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です